土曜日も診療
(水曜、日曜休診)
急患も
随時対応
平日
20時まで

一般歯科

一般歯科とは、虫歯や歯周病など、基本的には保険適用の範囲で治療ができる歯の治療・診察のことです。 歯の状態や症状によっては、インプラントや矯正歯科などの自由診療をご提案する場合もございますが、まずは診察でご自身の歯の状態を知ることが大事です。 歯が抜けてしまった、歯ぐきが痛むなど、口の中に関する病気・トラブルを抱えている方は、ぜひ一度ホワイト歯科よのへご相談ください。

虫歯の治療
Cavity

虫歯の症状

虫歯の症状

虫歯には幅広い症状があります。痛くないから虫歯じゃないのでは?
と考えて歯医者へ行かない方も多いのではないでしょうか。

虫歯は段階的に症状が進んでいきます。
こちらでは、段階別の症状例をご紹介します。
こんな症状が出てきたら、すぐに当院へご相談ください。

段階①

  • ・歯のつやが失われて、白っぽくなる
  • ・歯の一部分や局所的に白斑が見られる
  • ・痛みなどの症状はない
虫歯の症状 段階1

段階②

  • ・歯の表面にへこんだ部分がでてくる
  • ・奥歯の溝部分に黒っぽい陰影があり、歯みがきしても取れない
  • ・歯がしみる
  • ・物を噛むと痛い
虫歯の症状 段階2

段階③

  • ・歯に穴が開く
  • ・奥歯の溝が深くなる
  • ・何もしてなくても痛い
  • ・熱いものがしみる
虫歯の症状 段階3

段階④

  • ・歯が溶けてしまう
  • ・歯の根だけが残っている
  • ・痛くて口を閉じられない
  • ・歯茎が腫れている
虫歯の症状 段階4

なるべく削らない・抜かない治療

虫歯になってしまった歯の治療は、虫歯の部分をなくすことが必要です。
虫歯になってしまった歯は、完全に元の状態に戻すことは困難です。

ホワイト歯科よのでは、できる限りご自身の歯を残しながら、快適にすごせるようにすることを第一に考えて治療を行っています。

虫歯の進行状況や症状をしっかりと診察して、歯をなるべく削らず、なるべく抜かない治療方法をご提案いたします。

早い段階で治療をはじめることが大切

虫歯は、初期の段階であれば削らずに治療を行うこともできます。

虫歯になる前に予防をするため、もしくは虫歯の初期段階で発見できるようにするために、定期的に健診へ通うことが大切です。

歯周病の治療
Periodontal disease

歯周病の症状

歯周病の症状

歯周病は、歯肉が炎症を起こし、最終的には歯を支えている骨まで溶かしてしまう病気です。

歯周病も段階的に症状が進みます。

こちらでは、歯周病の進行段階別の主な症状をご紹介します。

こんな症状が出てきたら、すぐに当院へいらしてください。

段階①歯肉炎

  • ・歯肉が赤色になる
  • ・並んだ歯の間の歯肉が丸く膨らむように腫れている
  • ・歯みがきをすると出血する
  • ・口臭が以前より気になる
虫歯の症状 段階1 歯肉炎

段階②歯周炎

  • ・歯肉が赤紫色になる
  • ・歯肉が大きく腫れる
  • ・歯みがきをすると血や膿が出る
  • ・歯と歯の間が広がる
  • ・歯の間に食べ物がよく詰まる
  • ・歯肉が縮み、以前より歯が長く見える
  • ・歯と歯肉の溝(歯周ポケット)が深くなる
  • ・口臭がひどい
虫歯の症状 段階2 歯周炎

予防の指導までが治療

歯みがき指導

歯周病の原因は、歯と歯肉の境目にある溝に歯垢(プラーク)が溜まってしまうことです。
歯垢(プラーク)には多くの細菌が潜んでおり、歯肉の炎症を引き起こします。
治療では、溜まってしまった歯垢(プラーク)を取り除き、歯と歯肉の溝(歯周ポケット)をきれいにしていきます。

しかし、歯医者できれいにしても、日々のブラッシングで歯をしっかりとみがけていない場合には、歯周病を繰り返してしまいます。
患者様に正しい歯みがきを指導し、一緒に歯周病を予防していくことが、ホワイト歯科よのの歯周病治療です。

定期健診
Dental Checkup

定期健診

虫歯も歯周病も、放っておくとどんどん悪化します。

予防・早期発見につなげるため、定期健診を受けることをおすすめします。

基本的に定期健診は保険適用外の自由診療になりますが、虫歯や歯周病が見つかった場合には保険が適応されます。

また、虫歯・歯周病治療のために通院することになった場合と比べて、費用が少なく、お時間もかからずに済みます。

自覚症状が無い場合も、3か月に1回程度を目安に検診を受けましょう。