土曜日も診療
(水曜、日曜休診)
急患も
随時対応
平日
20時まで

審美歯科

審美歯科とは、歯を健康的に保つことからさらに一歩踏み出し、歯の「美しさ」と「機能」を追及した歯科治療のことです。 笑った時に歯が白いと、それだけで素敵ですね。実は白い歯にはレフ版と同じ効果があり、より顔が明るく見えたり、口紅の色が栄えたりするなど、うれしい効果がたくさんあります。ホワイト歯科よのでは、より美しく、機能的な歯を実現するために、ホワイトニングやセラミックをかぶせる治療方法をご用意しております。

ホワイトニング
Whitening

お茶やタバコなどのステイン汚れや、古くなったプラスチックの詰め物による茶色の汚れはクリーニングだけでも十分に綺麗になりますが、歯の組織の中に入り込んだ黄ばみはなかなか落とせません。

当院では、患者さまご自身で行っていただく「ホームホワイトニング」と、院内で行う「オフィスホワイトニング」をご用意しております。

ホームホワイトニング

ご自宅で自由な時間に行えるホームホワイトニング

ホワイトニングを患者さまご自身で、ご自宅にて行っていただく治療方法です。

好きな時間、好きな場所で気軽に行うことができるのが魅力です。

まずはクリニックにお越しいただき、ホームホワイトニングをはじめる準備が必要です。

ホームホワイトニング治療の流れ

カウンセリング

患者さまのご要望をお聞きして、費用や使用する薬剤(ジェル)をご説明いたします。

検査・写真撮影

歯と口腔内を検査して、ホームホワイトニングが行える状態か確認します。

その後、歯の表面の汚れをきれいに落とします。また、ホワイト歯科よのでは、効果や進行状況がわかるように写真撮影を実施しております。

歯型の採取

型を取って作成するマウストレー

患者さまひとりひとりに合わせた専用のマウストレーを作るため、歯型を取ります。

マウストレーの作成には、一週間ほど期間をいただきます。

マウストレー・薬剤(ジェル)の受け渡し・説明

マウストレーが出来上がりましたら、再度ご来院いただき、マウストレーが患者さまのお口や歯に合うかチェックいたします。また、ご自宅でのホワイトニング治療の方法や、注意事項をご説明いたします。

ご自宅での治療を開始

マウストレーを使用したホームホワイトニング

ご自宅でブラッシング後、マウストレーに薬剤(ジェル)を注入して装着いただきます。

2~3時間の装着後、うがいをして終了です。

マウストレーは洗浄後、水中で保管してください。お好きな時間やタイミングで行っていただけます。

オフィスホワイトニング

歯科医院にお越しいただき、ホワイトニングを行う治療方法です。

歯の状態や、歯の黄ばみ・汚れの原因を検査し、患者さまひとりひとりに合った治療の方法をご提案いたします。

ホワイトニング専用の薬を塗布して行う治療

歯の表面にホワイトニング専用の薬を塗布し、ライトを当てて薬を活性化させます。

少ない回数でも効果が得られます。

ご自分でホワイトニングをするのが手間だと感じる方におすすめの方法です。

歯1本単位で行うウォーキングブリーチ治療

ウォーキングブリーチの治療方法

神経を抜いた歯は変色しやすく、「1本だけ歯が黒ずんでしまった」と悩む患者さまも多くいらっしゃいます。

ウォーキングブリーチ治療は、歯の裏側から歯の中に薬剤を入れて、歯を白くする治療です。

過去に神経を抜いた歯の変色でお悩みの方はぜひご相談ください。

(神経のある歯には行えませんのでご了承ください。)

クラウン(被せ物)・
インレー(詰め物)
Ceramic

セラミッククラウンによる審美歯科治療

虫歯の治療で歯を削った場合、削った部分を補う必要性が高くなります。

歯周病が進んだり、歯をぶつけたりして歯が欠けてしまった場合も同様です。

欠けた部分を別の材質で補わなければなりません。

補うための治療には、大きく分けて2種類の方法がございます。

クラウン(被せ物)

削った歯のうえに、被せ物をはめる治療方法です。元の歯を覆う形になるので、強度が高く、長持ちします。

しかし、デメリットとして自身の歯を多く削る必要がある点が挙げられます。

インレー(詰め物)

削った部分のみを詰め物で補う治療方法です。

詰め物は、歯の型採りを行って作ります。

虫歯になった部分や、欠けてしまった部分のみが別の材質となるため、材質によっては自身の歯との境目が目立ってしまうことがあります。

また、経年により、インレー自体が欠けたり取れてしまうことも。

しかし、最低限しか自身の歯を削らずに済むことは大きなメリットだと考えられます。

当院では審美歯科のメニューとして、数種類のクラウンやインレーの材質をご用意しております。

こちらでは、審美性の高い代表的な材質の特徴をご紹介します。

オールセラミック

オールセラミック

セラミック素材100%。セラミックは汚れが付きにくく、変色もしません。

そのため歯の治療にぴったりな材質と言えるでしょう。

オールセラミッククラウンは、表も裏もすべて白いセラミックで出来ており、本物の歯と並べても違いがわかりにくいため、歯を美しくしたいと考える方にぴったりです。

オールセラミックは、特に目に付きやすい前歯の治療におすすめです。

ジルコニア

ジルコニア

ジルコニアはセラミックの一種で、「人工のダイアモンド」と呼ばれているほど、強度・耐久性を誇ります。

セラミックよりも強度が勝るので、歯ぎしりや噛み合わせが強い方におすすめです。

ジルコニアクラウンは表も裏もすべて白いジルコニアで出来ており、汚れが付きにくく、変色もしません。

天然の歯のような透明感で、強度と美しさを兼ね備えた歯を実現します。

目につきやすい前歯はもちろん、硬い物をよく噛む奥歯にもおすすめです。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(合成樹脂)を混ぜた材質です。

セラミックの審美性とレジン(合成樹脂)の柔らかさを備えています。

セラミックのように自然な白さで、天然の歯の色にも近く美しい歯を叶えます。

しかしセラミック100%ではないので、経年によって変色することも。

強度はやや劣るため、歯ぎしりが強い方など耐久性を求める方にはおすすめできませんが、噛み合う歯を傷つけにくいというメリットもございます。

メタルボンド

メタルボンド

金属でできたフレームの表面に、セラミックを焼き付けたクラウンです。

内側の金属が全体を補強するので、耐久性の高さが特長です。

また、表の見える部分はセラミック素材のため、白く美しい歯を実現。

しかしながら、オールセラミックに比べると白さや輝きは劣ってしまいます。

固いものをよく噛む、奥歯の治療におすすめです。

コンポジットレジン充填
Resin

初期段階の虫歯で歯を削る部分が少ない場合には、型採りをして作るインレー(詰め物)ではなく、コンポジットレジンと呼ばれる白い材質を充填して、歯を修復する治療を行います。

レジンとは、合成樹脂、いわゆるプラスチックのことです。

虫歯の治療の場合は保険適用となりますが、審美歯科のメニューとして、歯の表面にコンポジットレジンを塗り重ねる「ダイレクトボンディング」と呼ばれる治療方法がございます。

歯の色や形状を修復するなど、審美性を重要視しているメニューで、保険の適用外となります。

審美歯科の料金
Price

料金表ページでは、ホームホワイトニングやセラミッククラウンの料金を一部掲載しております。

歯の状態や治療方法で料金が変わることがございますので、詳細は当クリニックまでお気軽にご相談ください。

審美歯科のよくあるご質問
Q & A

Q

家で行うホワイトニングも診察は必要ですか?

A

必要です。ホームホワイトニングに使用するマウストレー(マウスピース)は、既製品をお渡しするのではなく、歯型を採取してからひとりひとりに合わせた物を作成いたします。

また、虫歯や歯周病で口腔内の炎症がひどく、使用する薬剤が染みてしまうと考えられる場合には、治療の優先をご提案させていただくこともございます。

まずはホワイトニングをご希望の旨をお伝えいただき、ご予約をお取りください。

Q

神経を抜いた歯だけが黒ずんできたのですが綺麗にできますか?

A

ウォーキングブリーチという、神経を抜いた歯の内側に薬剤を入れて歯を白くする方法がございます。

そのほか、クラウン(被せ物)を使用して、美しい歯にすることも可能です。