' ?> インプラントのメリット・デメリット−さいたま市与野−ホワイト歯科よの

インプラントのメリット・デメリット

メリット

・良く噛める
インプラントは強い力が加わっても安定しています。硬いものでも餅のようにくっつきやすいものでも良くかんで美味しく食べられます。
・味覚が低下しない
入れ歯では粘膜の面積が減る事、良く噛めないなどの理由で味覚が低下してしまいますが、インプラントは大丈夫です。
・話しやすい
しっかり咬み合わせを調節する事によって話しやすくなります。
・耐久性が高い
入れ歯は5年、ブリッジは7年といわれるのに対し、インプラントは15年生存率が90%以上といわれます。ただし、正確な位置・角度への埋入、インプラントの材質や形体、顎骨の状態、装着する義歯の質、メンテナンスの有無などによって寿命は全く異なってきます。
・天然歯と見分けがつきづらい
インプラントは見た目のナチュラルさは勿論、患者様ご本人も忘れてしまうほど。入れ歯やブリッジでは話し辛かったけどインプラントにしてから 会話が楽しみになったという声を良く聞きます。

デメリット

・保険がきかず、全額自己負担
・わずかだが、手術に向かない患者様もいらっしゃる
・治療期間が長期に渡る

次へ